ご挨拶

理事長 宮田 浩

 当法人は、中島航空金属付属病院として昭和20年に発足、翌年独立し田無病院を開設、昭和28年には医療法人財団となり結核病院として運営をしてまいりました。その後、近接するひばりヶ丘団地の建設に伴い、そのニーズに合わせる形で一般病棟を併設し、昭和50年には結核病院を廃止、一般病棟へ完全にシフトチェンジを行いました。それ以来、西東京市を中心に近隣の地域に広く根差した医療・介護を目的とした、より人間味豊かな活動を行って今日に至っております。

 中核である「田無病院」は内科・外科・整形外科・眼科・耳鼻咽喉科・消化器外科・泌尿器科・脳神経外科・リハビリテーション科といった診療科を設け救急病院としての機能を持ち、それに加え回復期リハビリテーション病棟や介護療養型医療施設も設けております。また併設施設には「介護老人保健施設 エバグリーン田無」、「田無訪問看護ステーション」、「田無居宅介護支援事業所」、「緑町地域包括支援センター」、関連施設には「小規模多機能型居宅介護 みどりの樹」、「グループホーム みどりの樹」、「サービス付き高齢者向け住宅 みどりの樹清瀬」、「社会福祉法人緑秀会 特別養護老人ホーム グリーンロード」、「社会福祉法人緑秀会 高齢者在宅サービスセンター グリーンロード」と、急性期から慢性期医療、そして在宅に至る医療・介護を兼ね備え、地域の皆様にご利用頂けるよう日々活動いたしております。

 より充実した医療・介護を提供できますよう、さらなる努力をしていく次第でございます。よろしくお願い申し上げます。

院長 丸山 道生

 これまでも田無病院は、老人医療を中心に、急性期から慢性期に至るまで、そして、在宅から入院に至るまでを扱うミッド・フィールダー的な地域の病院として重要な役目を担ってきました。今後も、さらにこの点を発展させて、高齢化社会の中で、安心して暮らせる地域作りに貢献してまいります。

 基本方針の「楽しく生き、幸せに死ねる地域医療と介護」を田無病院は実現していきます。
そして、みんなの合言葉は!!

「老いても足で歩くまち、
 老いても口から食べるまち、西東京」

( You can walk, you can eat, forever! West-Tokyo City )

看護部長 鈴木 秀明

 緑秀会のヘルスケアシステムは、「老いても足で歩くまち、老いても口から食べるまち、西東京」を合言葉に、急性期医療から在宅看護・介護まで、さらには予防に至るまで、地域密着型事業を通じて幅広くサービス展開を行い、高齢者ニーズに対応しております。これがわれわれの最大の強みと言えます。そして、急性期・回復期リハビリ・介護療養型医療施設と、特性が異なる病棟を持つ田無病院がこの事業の中核をなしております。
 看護部は、患者さまやご利用者さま、またそのご家族に寄り添い、その人らしいクオリティーを高める為にも、チーム連携とチーム医療を強化していきます。

『One for all,All for one.(1人はみんなのために、みんなは1人のために)』

の精神を持ち、より質の高い看護・介護の提供を目指しております。
 また、子育てをしながら仕事を両立させている職員もたくさんおり、お互いに協力し合うことが良いチームワークに繋がっております。
 医療チームの要として、明るく笑顔があふれる田無病院づくりに貢献してまいります。