沿革

昭和20年 中島航空金属株式会社付属病院として発足。
昭和21年 独立して田無病院を開設、院長 宮田重雄。
昭和28年 医療法人財団となり、結核病院として運営。
昭和50年 結核病院を廃止、一般病棟のみとなる。
平成4年 医療法人財団 緑秀会となる。
平成6年 老人保健施設エバグリーン田無、田無訪問看護ステーションを開設。
平成12年 田無居宅介護支援事業所を開設。
平成13年 田無病院在宅介護支援センターを開設。
平成18年 グリーンロード(特別養護老人ホーム)、グリーンロードヘルパーステーション設立。
平成20年 回復期リハビリテーション病棟開設。
平成24年 認知症対応型共同生活介護みどりの樹、小規模多機能型居宅介護みどりの樹を開設。
平成26年 サービス付き高齢者向け住宅みどりの樹清瀬を開設。
平成28年 西東京市在宅療養連携支援センターにしのわを開設。
平成30年 地域包括ケア病床を開設。

組織図

組織図